仙台が発祥!?いまさら聞けない牛タンの基礎知識を分かりやすく解説!

当サイトでは仙台が発祥と言われる、いまさら聞けない牛タンの基礎知識を分かりやすく解説しています。
様々な食べ方があり、グルメな人にも人気のこの食材について詳しく知りたい人におすすめです。
自宅で調理するなら、牛のタンの厚みは5mmくらいがベストといわれています。
美味しく食べる方法の参考になるでしょう。
牛のタンはアメリカ産やオーストラリア産でも下処理次第で満足感があるのが特徴です。
美味しく調理するためには下処理がポイントです。

仙台が発祥!?いまさら聞けない牛タンの基礎知識を分かりやすく解説!

牛タンといえば仙台というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
この地域の牛タン料理は網焼きにしたものが有名です。
網焼きにして提供するこの料理は、仙台が発祥といわれています。
洋食のタンシチューにインスパイアされて作られたのが網焼きの牛タンでした。
網焼きすると余分な脂が落ちるので、あっさりと食べやすくなるのが魅力です。
その美味しさから次第に人気が広がり、現代のように全国に知られるようになったといいます。

牛タンはスライスが一般的だけどその厚みで味は変わる?

牛タンは焼肉やステーキで楽しむことができますが、基本的に焼肉で食べる場合はタン塩などの状態にすることが多いです。
焼肉で提供される商品は薄く牛タンをスライスして上にごまだれやネギなどをかけることで、お客さんに提供されることになると考えられます。
ステーキの場合は食感を楽しむために、厚みがある状態でカットされているので、食べたときに味わいに違いがあります。
肉汁を感じるようなことができますし、牛タンが持つ旨味も厚みがあるほうが強くなる可能性が高いです。
そのためステーキの場合は素材自体の味を堪能するために、シンプルに塩やレモンだけで味わうようなことも少なくありません。
またタン塩とステーキでは使用されている部位にも違いがあり、タン塩にはタン中が使用されることが多く、ステーキにはタン元が使用されることが多いのですが、この部位の違いも味の違いに繋がっています。
タン元が最上級の部位に該当するので、当然ながら旨味を一番感じることができますから、美味しく食べることが可能です。

七輪を使った炭焼きによる遠赤外線効果は牛タンをよりおいしいものに変えてくれる

焼肉屋さんに行くとまず最初に頼むのが牛タン、というのも定番です。
網を汚さずに焼けるという事も有り1番最初に牛タンから始めるというケースも多いです。
また七輪を使った炭焼きですと遠赤外線効果もありますので、一般的なガスを使っている網で焼くよりもおいしいという声も寄せられています。
七輪で焼肉を楽しむことが出来るお店も多いですし、最近では煙の少ないお店も多いので、臭いを気にせず頂くことが出来ます。
牛タンは人気の部位でもあり、自宅で食べたいと思っても手に入れるのが困難なケースも多いです。
最近では通販でも簡単に購入出来るサイトもありますので、ランキングなども参考にしてみて購入するのもお勧めです。

牛タンを焼くときのコツは表面と裏面で異なる?

牛タンを美味しく焼くコツは、表面をサクッとクリスピーに仕上げることなので、表面と裏面で火加減は異なってきます。
自宅で焼く場合、表面をサクッとさせるためにはフライパンをしっかりと温めておくことがポイントで、少量の油をフライパンにひいたら中強火で温めていき、煙が出てきたら中火に落とします。
焼く直前には牛タンの片面に塩を振るのがおすすめですが、塩をしたまま時間を置くと牛タンから水分が抜け焼いたときのジューシーさが失われてしまうので、塩を振ったら早めに焼き始めることが大切になります。
焼くときは塩を振った面から焼いていくのがポイントで、その理由は塩がフライパンに当たることでタンに溶け出し味が馴染んでいくからです。
30秒ほど経つと上面からじんわり水分が上がってきますが、これは下ねか面がしっかりと焼けてきている証拠でもあるので、焼き色を確認してこんがりきつね色になっていたら裏返し、片面も30秒程度焼いていきます。

仙台の牛タン専門店の中には1cm~1.5cmくらいの厚切りも

一般的な焼肉屋さんで牛タンをオーダーすると、大体5ミリから1センチ弱という厚みで出てくることが多いでしょう。
1センチも有ればかなり厚いですし、厚切りと書かれていてもそこまでいかないことが多いです。
一方牛タンの専門店が多い仙台に行きますと、厚切りと書かれている所は本当にびっくりするぐらい厚く切られており、大体1センチから1.5センチぐらいに及ぶものもあります。
独特な牛タンならではの食感がさらに強くなり、脂もじゅわっと出てきます。
それにやみつきになり美味しいお肉を目当てにしてまた仙台を訪れるというマニアも出てきてしまうほどです。
仙台以外ですと、飲食店でその厚さの物を目にすることは無いです。
通販の場合は厚くカットされたものを探せば見つけられないことも有りません。
口コミ評判なども参考にして選んでいきましょう。

牛タンに関する情報サイト
牛タンの基礎知識

当サイトでは仙台が発祥と言われる、いまさら聞けない牛タンの基礎知識を分かりやすく解説しています。様々な食べ方があり、グルメな人にも人気のこの食材について詳しく知りたい人におすすめです。自宅で調理するなら、牛のタンの厚みは5mmくらいがベストといわれています。美味しく食べる方法の参考になるでしょう。牛のタンはアメリカ産やオーストラリア産でも下処理次第で満足感があるのが特徴です。美味しく調理するためには下処理がポイントです。

Search